予約専用番号、050-5846-0353、055-926-1333(代表)

〒410-0047 沼津市庄栄町10-17

静岡県 沼津市 耳鼻科 耳鼻咽喉科 めまい アレルギー性鼻炎 レントゲン CT エコー 補聴器 睡眠時無呼吸症候群

HOME当院について診療案内アクセス予約方法

コラム

携帯電話専用サイトはこちらのQRコードよりご覧いただけます。

電話・インターネット予約、050-5846-0353
HOME»  コラム»  小児副鼻腔炎

小児副鼻腔炎

  • 件 (全件)
  • 1

小児副鼻腔炎(蓄膿症)の診断

低年齢の小児で鼻閉と水様性あるいは粘性の鼻漏が常に出ている状態はアレルギー性鼻炎だけでなく副鼻腔炎(蓄膿症)が疑われます。鼻の症状あるいは鼻内の視診だけでは本当に副鼻腔炎があるのか精確にわかり難いこともあります。実際鼻症状がかなり強くてもCT検査の結果では副鼻腔炎がなかったりその反対に鼻症状は軽いが長年アレルギー性鼻炎がある為CT検査を行い高度の副鼻腔炎が発見されることもあります。コンビ-ムCT撮影は副鼻腔炎の状態を簡単に細部まで正確に診断できる方法です。又被ばく線量が従来のCT検査の約33分の1と少なく、副鼻腔X線撮影とほぼ同じ線量です。3才位の小児でも副鼻腔炎の存在を正確に知ることができます。静かに1分間、椅子に座ることのできる3才以上の小児では外来で簡単に検査できます。母親が一緒に検査室に入り手をつないで検査することもできます。

                                
小児副鼻腔炎

2015-08-14 08:00:00

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
ページトップへ